<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

選ぶ

d0067498_031764.jpg

 11月24日は、伊東の施主とタイル選びに新宿のショールームに出掛けた。カタログや一枚のみのサンプルとは違い、ある程度の面積で貼られたタイルは、全く印象が違う。まだ実施設計段階で、現場に入っての再確認は行うが、どのような雰囲気の、どんな家にするかを左右する差し色的な素材なので話し合いを何度も重ねる。
結局は一期一会というか、「これだ」と思える素材を設計者である私も、設計にお任せすると言ってくれる施主も、同時に閃く時がある。少し面倒だと思えても、だからこそ楽しいし、オリジナルな建築ができてゆく。
d0067498_0421616.jpg

 11月26日は、同じ伊東の物件でも、12月中旬に完成する城ケ崎海岸の家の外構工事の工事監理で出掛けた。
大室山の火山岩が敷地内のゴロゴロしているので、自然石を使っての造園をお願いした。
沢山の岩があっても、「これだ」と思える岩がなかなかないという。自然の岩との対話である。これもまた大変ではあるが、楽しい苦労でもある。
by atelieryou | 2013-11-27 00:50 | 設計

スローライフ掛川

11月12日&16日に掛川教会の見学会+講演会が開かれ、70名を越す多くの人が見学に来てくれた。
d0067498_2043513.jpg
12日は、お忙しいにも関わらず、高名な播繁先生が木質構造について講演してくれた。大きな物件で、地方のある建築とはかけ離れていると思われがちだが、話は構造の基本の応用編である。私が、掛川教会で教えて頂いたことは、「光と風と構造」建築デザインと構造のミステリーである。
12日は、私の施主であり、古い建物の良さを活かす手法を学ぶことができた「箱根太陽山荘」の中山尚子さんや「コイズミ照明(株)東京ショールーム」の大村智子さんが個人的な休みを使って、自費で遠路掛川まで見学に来てくれた。
本当にうれしく、ありがたいことであり、同時に皆さんの協力があって完成した教会であると改めて感謝する。
「包まれ感、抱かれ感あふれる素敵な教会だった」と感想を書いてくれたが、自分でもその空気感を感じ取ることができる。
d0067498_20535084.jpg

11月16日は「アトリエプラトー」さんも協力してもらい、作品を教会に飾り、華やかで穏やかな雰囲気を醸し出してくれた。
16日は東京より長谷川敬アトリエ時代の先生や諸先輩も来てくれた。長谷川敬さんをはじめ、薩田英男さん、伊藤寛さん、相馬立夫さん、皆、全国区で活躍している有名建築家である。
伊藤寛さんはご自分のブログにも載せてくれたが、掛川の建築家の皆さんが掛川教会の見学後に掛川市内の建築をあちらこちら楽しく案内してくれたと聞く。
「掛川」は地方都市として豊かなことを、私はこの2年間を通して感じてきた。
掛川の皆さんには、多くの人が地元を愛し、真の意味での「おもてなし」精神がある。
改めて掛川教会の髙桑牧師をはじめとする教会員皆さんのやさしさに感謝し、施工の川島組の皆さんの頑張りに感謝し、掛川に住む関係者の皆さんに気持ちの良さに感謝したい。
by atelieryou | 2013-11-20 21:19 | 地域

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る