<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大工さんの技術

d0067498_00625.jpg

掛川教会の現場監理

礼拝堂のデザインの要である、ゴシック風尖頭アーチ窓の木の加工が気になり、大工棟梁の作業所を訪ねた。


d0067498_083758.jpg


木の加工を見た瞬間、私の想像をはるかに上回る、立派で素敵な木の加工ができていた。


アーチの微調整の精度は、正確であり、かつ綺麗で、日本の大工技術の高さを改めて考えさせられた。


人の手による経験と知恵、そして技術。


あらゆる面で、美しい。


残していきたい日本の技術である。
by atelieryou | 2013-07-18 00:22 | 木の家

趣味

私の趣味は、泳ぐこと。
学生時代に水泳部だった訳ではない。
だから早く泳ぐ訳ではない。1時間位、ゆっくりと泳ぐのが好きだ。

特に水深が高い、足がつかないプールで泳ぎことが大好きである。
昨日も静岡県富士水泳場に泳ぎに行った。
d0067498_129186.jpg

泳いでいる時は何も考えないと他の人からは聞くが、私はいろいろなことを考える。
考えに考えるが、一時間近く泳いだ後は、何故か頭も気持ちもスッキリしている。

私にあっている趣味で、かつストレス解消だと思う。

もう一つの趣味は旅行。
職業柄、どうしても決まった休日がつくりにくい。
それでも週に1日は休むようにしているが、仕事に張りを付けるために、「この仕事が終わったら、何処に旅行行こう」と計画を立てる。
考えたツアーを実現することはなかなかできないが、あれこれ調べたり、計画を考えるのがやっぱり好きである。
by atelieryou | 2013-07-07 12:40 |

駆け抜けた6月

d0067498_0394394.jpg

今日、7月1日は富士山は山開き。
6月は、伊東・箱根・掛川と、現場監理や建築申請、設計の打ち合わせと、西へ東へと車を走らせた。
私は車の長距離運転は苦手であるが、梅雨空の下、行く先々で、道に咲く花が綺麗で、思わずうれしくなった。梅雨の晴れ間の見える富士山や箱根・伊豆の山々の新緑、眼下に広がる駿河湾や相模湾の初夏の海の色を改めて気が付かせてくれた為、楽しみながら運転することができた。
富士箱根伊豆は国立公園であり、富士山は世界遺産になったが、誰が見ても、何処から見ても綺麗な風景だと思う。

d0067498_0501181.jpg

6年前に耐震改修した箱根強羅の箱根太陽山荘から洗面所・トイレの改修工事を依頼され、6月末に工事が完成した。
古い建物の良さを活かしながら、劣化しがちな水廻りが綺麗に改修でき、旅館の関係者も皆、喜んでいる。
大変なことも多く、時にはしんどくなることもあるが、それでも完成した時に、喜んでもらえるとうれしい。

d0067498_15968.jpg

6月30日は、掛川教会の現場見学と内装説明のワークショップを開催した。
皆、心待ちにしている。みんなの教会であるが、それぞれが自分のことに様に思い、真剣に考えてくれる。
現場の監督や職人さん達と協力し合い、施主である掛川教会の一人一人の想い、監督や職人の想いも感じ取れるような教会を作っていきたい。

d0067498_1153467.jpg

施主の寛大なる理解の元、長い設計期間とさせてもらった伊豆高原・城ケ崎海岸の家が6月23日に地鎮祭を行った。木造平屋の伸び伸びとした、木造の良さを活かした家である。
国立公園の中に建つ建物で、建築条件は厳しいが、厳しい条件であるからこそ、きれいな家ができると思う。

ここ数件の設計の問い合わせは、私が設計監理した家を実際に見学して、その家の施主に設計中の経過を聞いて、是非とも自分の家もと思い、設計の依頼をしてくれる家族である。
設計者として、本当にうれしいことである。
何時でも、どの家に対しても、アトリエ結として誠意を持ち、建築家としての設計に対する初心の気持ちを忘れずに、これからも建築と向き合いたい。

2カ月ぶりのブログ。
一気に書くと、いつも自分を鼓舞させる内容になってしまう。
それでもやはり常に自分を振るい立てさせながら、建築と向かい合いたい。
by atelieryou | 2013-07-02 01:31 | 地域

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る