<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

伊勢・鳥羽の旅

d0067498_10185793.jpg掛川教会の木工事着手の前に、どうしても確認しておきたい建物があり、伊勢・鳥羽に、遅めのお正月休みで出掛けた。

鳥羽にある「海の博物館」である。湾曲集成材を使っているという理由もあるが、長年の内藤廣さん設計のファンで、特に「海の博物館」がよいな~、よいな~と思っていたからだ。

雑誌のイメージと実際は違かった。これは体感しなければ解からないが、私にとっては気持ちよい空間であった。同じ内藤廣さんの作品を、御殿場で見学したが、ファンとしてはどこか納得いかなかった。理由は何故か解からない。

「海の博物館」は、各賞を総ナメしただけに値する、素晴らしい建築だと思う。
ランドスケープも自然な感じであったし、博物館という息苦しさが感じられない。凄いことだと思う。
遠路はるばる鳥羽まで行った価値があった。d0067498_10341096.jpg


帰りに伊勢神宮により、遅めの初詣をした。

伊勢神宮は、今年は20年に一度の遷宮式が行われるため、昨年の春、栗生明さん設計のせんぐう館が完成した。
伊勢神宮の歴史や意義を理解できる資料館である。
栗生明さんの作品だけあり、端正で綺麗な建物であった。
しかし、大らかな空間が好きな私にとっては、少々息苦しい空間でもあった。
外観の見た目の綺麗さと、内部空間の心地よさとは違うことを、再認識できた気がする。

これからも時間をつくり、机上の印象だけでなく、実際の建築を見学に行きたい。
建築は「空間」であり、「場」であり、まちに広がっていくものだと、改めて感じる。
by atelieryou | 2013-01-27 10:49 | 設計

様々な要素 「強+用+美」+金額

d0067498_21253159.jpg掛川教会の工事がいよいよ着工した。

設計当初より課題であった軟弱地盤。
金額との問題もあったが、やはり支持層の18mまで、鋼管杭を打つことを設計者として決断した。

今日、杭工事を監理していて、17mまでスルスルを杭が入っていく。

様々な工法があるが、教会堂は鋼管杭を選択してよかったと、改めて確信した。

平常時も、非常時も安心していられる建築となるであろう。

建築は、様々な要素が微妙に絡み合うので、設計時に何を決断するべきなのかが難しい。

d0067498_2126763.jpg

富士・岩本の家もいよいよ来週引き渡しになる。

1階であるが、和室+居間+食堂+台所が大きく繋がった空間ができた。

これを可能にしたのは、中央に架かる地松材の太鼓梁があったからだ。

許容応力度構造計算を構造事務所に何度もしてもらい、現実的に可能な梁の大きさを、製材所とタイアップして出していった。

大らかな空間なので、一見、簡単そうに見えるが、実は緻密な構造設計あって上の、成立できた空間である。


d0067498_21263122.jpg


1月12日は、静岡県地域文化財研修のステップアップ研修で、日本初の試みの、一般建築士による防災に関しての研修が磐田市であった。

右の写真は、消防との共同の放水訓練だが、プロ仕様の機器は一般人には使いこなせない。

じっくりと考えてみると、防災は実際に一般の人が使いこなすことができることが有効で、何よりも、地域に住む多くの人が、何処にどのような防災道具があるかを知っていることが大切である。

建築は、強・用・美!! +金額 
すべてをバランスよく考え、安全で、安心でき、美しく感動でき、愛される建築をつくっていきたい。
by atelieryou | 2013-01-15 21:58 | 設計

2013年 あけまして おめでとう ございます。

d0067498_1505794.jpg

あけまして おめでとう ございます。

今年はアトリエ結を設立してから早15年、建築を学んでから30年が経ちます。
建築家としてはまだまだですが、これまでの経験を活かせる時期だと思うこの頃です。

掛川教会の設計をはじめ、住宅の設計においても、今までの知識と経験を活かし、それに驕ることなく、さらによい建築設計、さらにはまちづくりができるように努力したいと思っています。

掛川教会のクリスマスイブで、隣に座った人が「毎週、教会の工事状況を楽しみにみています。建築って、
単なる個のモノではなくて、まちのものなのですね。」と話してくれました。

本当にそうであると思います。

20代の東京の設計事務所での修行時代、所長から「設計事務所の役割」について、投げ掛けられました。
「施主に対しての提案だけではなく、常に社会に対しても提案する気概を持つこと。」
タイプの違う、2つの設計事務所でしたが、双方ともに同じ問いかけが若い者にありました。

但し、よいデザイン、よい設計をするのは当たり前のことと、してです。
アトリエ結らしく、使いやすく、快適で、一見、普通でも、でもやはり違う、奥行のあるデザイン、心地よい空間、よい建築をつくり上げていきたいです。

できれば、それが「まちづくり」に広がるようにしたいです。

佳き一年にしたいと願います。今年もよろしくお願いします。

2013年 初春          一級建築士事務所 アトリエ結    髙島 ゆかり
by atelieryou | 2013-01-02 15:15 | 報告

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧