<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

沼津市に住む建築士として

d0067498_11583567.jpg
 先日、静岡県建築士会沼津支部の解散総会があり出席した。建築士会も時勢に合わせてのスリム化を要請され、静岡県を東・中・西のブロックで運営していく動きである。私が感じている建築士会としての良さは、県全体の広域で、建築的な興味が同じ分野の仲間が、地域を越えて勉強し、情報交換できるところであり、建築の多業種が所属しているため、自分の得意分野以外の問題を、営利関係なく、中立な立場での意見を求めた、建設的な相談ができることである。
建築士会は支部がなくなり、地区となる。今年は、私は、沼津地区の事業委員会、いわゆる「勉強会」の副委員長になった。総会の懇親会での来賓の挨拶には、「沼津における東海大地震の津波対策」があげられた。意見は三者三様であったが、それは当然のことであると思う。
 会食中に驚いたことがあった。沼津市長自らが、各テーブルを廻り、建築士の意見を聞いてくれた。私のところにも、女性が勉強会の委員になったということで、話しかけてくれた。話題は、沼津における防災と地域の建築士の役割である。私は私なりに、この1ヶ月、考え続けたきたことを、熱く問いかけた。
同じ沼津市でも各地域、それも徒歩10分圏内の地域では、それぞれの条件が違う。避難場所として何が最適なのかを見つけ出すためには、地元をよく知る、その地域の建築士を使う必要があると話した。

都市計画の企画があり、自分なりに壊滅的な被害を受けた陸前高田の町を色分けしてみた。区画整理された箇所が何故か水没している。沿岸部でも自然の形をした地域は残っている。
d0067498_1239486.jpg
私は、政府が言う、単純に山を削り、高台にエコタウンを作る計画には、違和感を覚える。三陸の山があるから海が豊かであり、豊かな山と海があるから、人の暮らしに潤いを与えてくれる。
d0067498_12442713.jpg
現状の街をもう一度冷静に見直して、地域の人の声を聞き、学識者と地元の建築士が手を取り、より良い東北の街や建築を作り出してほしい。
私たち沼津市の建築士も、改めて自分の街を見直したい。同時に、人が住む空間として、一時の偏りでなく、平常時も非常時もより良いように、総合的に考え、一般の人に伝えたい。それがその地域に住む建築士の社会的な役割である。
by atelieryou | 2011-04-26 12:54 | 設計

静岡市まちづくりコンペ

d0067498_14431416.jpg
 仲間数人でまとめた静岡市のコンペが発表された。二次投票の後の二次審査までいったようだが、入選はできなかった。
d0067498_9105494.jpg
大きな理由は、皆、時間がなかったこともあるが、コンペの要綱にある「イラストレーター」のソフトをあまり使ったことがなく、提出日一日前のが作業がフリーズしてしまい、丸一日を棒に振った。最後の一日でまとめた為に、用意したコンセプトまでのプレゼができないままの提出であり、作業している最中から、入選は無理であると解っていた。それでも出さないと自分自身に負ける気がした。ただし、PCの不具合は単なる言い訳で、やはり事前の準備も実力のうちである。
d0067498_9153612.jpg
コンペでは、設計コンセプトをしっかりと表現する必要があり、協力してくれた者も、今後の課題が解っただけでもよかったと言ってくれるが、やはり、やるからには上をを目指したい。結果は、大学の研究室や大手組織事務所の入賞であったが、地域にも設計者がいることが行政の人たちに伝わればと思う。
d0067498_920186.jpg
東日本大震災を受け、地域の公共建築の必要性が改めてわかり、できるだけ、その地域を知っている建築士が地域の建築に関わるべきだと強く感じている。
d0067498_15134178.jpg

by atelieryou | 2011-04-20 15:14 | 設計

千本松原の桜

d0067498_233622.jpg
 今日、千本港町の家に建築資料を持参しながら、足の骨折以来、一年ぶりに本格的なジョギングをした。すっかり重たくなった身体ではなかなか足が運ばない。ただし、携帯電話で写真を撮りながらのジョギングで、周りの景色を見ながら、改めて考えることが多い。
 この震災から一ヶ月が経ち、自分の中で何を考えたが、少しだけ纏まりかけてきた。知人からもレポートが出始めている。私もHPで、自分なりの考えを発信したいと思う。
by atelieryou | 2011-04-10 23:19 | 地域

講習会で出会ったアトリエ結の家

 連日、講習会が重なった。一昨日はまちづくりセンターによる建築確認業務の変更と長期優良住宅の今後の申請内容と今までに起きた問題点などである。整理されたことが多く、より解り易かった。ただし、根本的な部分での疑問の解消にはならない。それをセンターの担当者もよく理解していることは私たち設計者にとってはありがたい。
d0067498_10311437.jpg
d0067498_10312995.jpg

 昨日、静岡県優良木材の木造住宅助成&住宅リフォーム助成の説明会に行った。そこで配布されたカタログの中に、私が湖西市で設計した家が掲載されていた。もちろん、許可をした上の話であったが、どのようなアングルの写真で、どのように使われるかまでは知らなかった。カタログを見て、個々の視点が違うと、同じ家でもまったく違った印象になるのだと改めて感じたし、何処か新鮮であった。
 また木の建築フォラムより「木の建築賞」の審査員の先生方の講評が載った冊子が届いた。審査委員長の播繁先生からの「意気込みに感動した」という言葉は、建築設計をする者にとっての最高の賞賛である。
第二次審査では、かなり厳しい質問が受けた国土交通省の槌本敬太先生からも、第三次の現地審査を終え、設計者だけでなく、施主が今も箱根において低料金で、心のこもった宿泊業を多くの人に提供していることを褒めてくれた。私は、多くの人が気軽に使える、まちの建築がある、使われ続ける建築、場所があることに大きな意義があると思っている。本当によかったと思う。
 今朝のニュースで、震災の被害にあった気仙沼が、6月のカツオの水揚げに向けて、みんなで動き出したと聞き、こちらまで勇気をもらっています。

 
by atelieryou | 2011-04-07 10:38 | 木の家

三嶋大社の桜

d0067498_21564385.jpg 今日の午前中は、沼津の施主を連れて、築5年の三島大社の近くに建つ家に見学に行った。帰りに、三嶋大社に寄ると、私の家の近くの千本松原の桜より一足先に桜が咲きはじめていた。不思議なものだが、桜が咲くと心がうれしくなる。境内では、みな穏やかに、春が来たことの喜びを感じながら、お参りをする。沼津駅にも三島駅にも三嶋大社にも、子どもや若者たちが、東北地方の震災被害に対する義援金募金のために街頭に立っている。私は、それぞれに少しずつだけれど、願いや想いが伝わるようにと、コインを入れた。

d0067498_21584126.jpg一方で、私たち建築士は、これを機に、街づくりをもっと考えるべきだろう。今朝の新聞に大きく扱われている、今後の被災地の都市計画論の3論を読みながら、何かが違う気がして、考え込んでしまう。私が、考えても考えても答えは見つからないが、それでも自分の地域のことのように考える姿勢は常に持ち続けたい。
by atelieryou | 2011-04-02 22:28 | 環境

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る