<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

DKの完成

d0067498_22393148.jpg築150年以上のお寺の庫裡の食堂・台所のリフォームがお正月前の12月28日に一部完成した。

今日、現場に行くと、今まで家をリフォームすることを反対していた80歳過ぎのおばあちゃんが「こんなに良くなるとは思わなかった。」とうれしそうに私に話してくれた。

私がその家族の生活を見ていて、「この椅子がおススメですよ。」と提案した椅子も、家族みんなから好評で、一緒に考えてくれた奥さんはどこか誇らしげである。

ご住職の提案から実現した、奥さんが御嫁入りに持参した食器戸棚が今までは奥の部屋に隅にあったが、このリフォームで食堂の中心に置いたことも、空間全体を引き締めている。

今までのお寺の工事では、全てが宮大工中心の工事だったが、今回、建て主が「設計者、建築家が工事に入る意義」を感じてくれたことは、うれしいことである。
by atelieryou | 2010-12-30 23:07 | 設計

地域文化財建造物監理士

12月18日に、静岡県教育委員会主催の「静岡県地域文化財建造物監理士」の研修が無事に終わり、登録証を静岡県よりいただいた。今年度が第一回目なので、私の登録番号は「3」である。
厳しい研修は終わったが、終わってこそ思うことは、まだまだ勉強をしなくてはならないと言うことだ。
私は、文化財研修を、ただ単に「文化財的建物」にこだわるための勉強だとは思っていない。
古い建築、新築を問わず、その場所の声を聞き、施主の声を聞き、建物の本質を見極めることが大切ではないかと思っている。
その地域にある建物やまちを、その地域の町医者のように、きめ細かに、適切に判断し、よりよい建築に導けるように、私は設計活動をしていきたいと、改めて思った。
またこの研修では、まるで学生の時のように、20名の建築士が切磋琢磨して、多くの課題をこなしっていった。やっている時は、かなりハードスケジュールで、私も閉口気味だったが、終わってみると、年齢・地域を問わず、知らない間に新しい人脈が広がっていたことの不思議さだ。
やはり、人の繋がりは、大きな建築知識、大きな力であると思う。
d0067498_045783.jpg


12月16日の静岡新聞の夕刊に「しずおか建築うんちく」で、安田屋旅館についてを執筆した。
みんな、自分のらしく、がんばっている。
それが幸せなことであり、よい景観をつくり出しているのだろう。
by atelieryou | 2010-12-23 00:43 | 地域

タイルのショールーム

d0067498_2215341.jpg東京でのショールームめぐり。
メインは、私がお薦めのテーブルと椅子を、建て主に見てもらうためである。
その合間を縫って、名古屋モザイクの代々木ショールームに来て、タイル貼りの構想を練る。
デザイン、周りとの調和、予算、メンテナンスなど、課題は多い。


d0067498_2227861.jpg
ショールームは定期的に入り替えがあるが、リフォームと言えども、住宅の改装するまでの期間は長い。
新築時もきれいであり、数年後もできるだけきれいであり、そして飽きがこなく、誰にも愛着が沸くような、不変的なデザインを目指したい。
悩みどころである。
by atelieryou | 2010-12-13 22:36 | 設計

構造&熱環境の講習会

d0067498_21274782.jpgしずおか木造塾に参加。
前半に静岡県の構造指針の解説を聞き、後半には、山辺豊彦先生の木造の実在実験を結果から出た、木材の断面欠損による耐力の軽減係数を聞けたのは大きな成果であった。まだ公式になっていないが、いずれは重要視される木造建築の課題である。


d0067498_21375674.jpg12月9日のJIAの講習では自立循環型住宅がテーマだった。長期優良住宅やエコポイントで、断熱や気密性の設計は重視されるが
建築は断熱や気密ではない。自然換気の風を如何に設計できるか?陽の光を南面だけでなく、どのように使うか?空調機に何を使う?など、様々な課題がある。


d0067498_21452178.jpg長谷川アトリエの後輩の一人が、建築環境設計におけるスペシャリストの設計者であり、研究者である。ゼロエネルギー住宅は、現実として技術的に可能であり、そのプログラムやシュミレーションもできつつあるという。それは環境問題として考えた時は大切である。しかし、彼は一方で、自然素材を使った、高気密ではない、土壁の家の熱環境設計についてのドクター論文を出したそうだ。
彼が技術者としてできることをまとめつつも、研究者としては、常に疑問を持ちながら、高気密・高断熱の弊害を考えている姿勢に、私は共感する。
私も、パッシブソーラー、太陽光発電、ペレットストーブなどの環境技術を意識しながらも、建築の見えない部分での本質について、常に自分に問いかけながら設計をすすめていきたい。
by atelieryou | 2010-12-12 21:26

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧