<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

休日・午後菜園

 GWから、休みの日の午後は、冬の間は手を付けない畑の草取りから始まり、土を耕し、耕した終わった場所から野菜を植えている。
d0067498_1538523.jpg

 仕事の方も只今、実施設計の真っ最中で、ただただ気持ちは焦っているが、季節も私の都合を待ってくれないため、休みの日の午後は、私はただひたすらに、土と向き合っている。
HPの更新も滞っているが、どうしても苦手なHPの更新は後廻し・・・こちらも気持だけは焦っているが、優先順位が後になる。
そんなことを思っている間にも、野菜は日々大きくなるし、それ以上に草は元気になり、私はお尻を押されながら、ひたすらがんばるのみである。
だから畑では、手は土を耕しながらも、頭の中では、設計のことをはじめ、いろいろなことが架け巡り、アーでもない、コウでもないと考えている。
はたして、野菜の味は苦くなるだろうか?甘くなるだろうか?
d0067498_15491329.jpg

by atelieryou | 2010-05-19 15:57 | 菜園

完成から8年目の住まい

 完成から8年が過ぎたお宅に、現在・設計中の施主家族と一緒に伺った。
設計当初から今に至るまで、「設計」に対して深く理解をしてくれている家族である。
 家は、外部の木部の塗装が薄れてしまっているなどはあるが、内部の木の部分は、年々、木が飴色に変わり深みを増している。
d0067498_23205912.jpg
d0067498_23211248.jpg
d0067498_23212530.jpg

確かに、柔らかい杉の床は、多少の傷はあるものの、それ以上に味わい深い。
常に建築現場で、木をみている私も、思わず「きれい!!」と、思ってしまった。
この家を設計した私に、きれいだと思わせてくれる家に、そしてその家に住む家族の大きさ暖かさに、設計者として改めて感謝しなくてはいけない。
「「いえ」は、住み始めてからが始まり」というが、まさにその通りだと思う。
敷地を取り囲む生垣も大きくなり、緑の間からそよいでくる風が、家の中を通り抜け、心地よい。
鳥が運んできた種も、木々として成長し、建物に彩りを添えている。
by atelieryou | 2010-05-08 23:51 | 住まい

柏餅

今日は端午の節句です。
私の実家は、旧東海道にある、古くからある菓子屋です。
d0067498_1384968.jpg

今日も午前中は、家の手伝いをしました。
子供の時からの毎年続いてきた恒例行事です。
小学校の頃は、GWに家族で外出する、他所の家が羨ましかったです。
でも友人から言わせると、逆に私が生き生きしていて、羨ましかったとか・・

それから、仕事を手伝い、親に褒めてほしくて、姉とは競い合い、よく姉妹ケンカをしました。
これも傍から見ると、たくましくて、笑えたとか・・・

甘陽堂の柏餅は、防腐剤等を使用していないため、その日のうちに堅くなりますが、味はおいしいです。
草餅のヨモギも、春先におば達が、空気のきれいな山奥で摘んできてくれます。
是非、ご賞味下さい。
by atelieryou | 2010-05-05 13:25 | 地域

基本設計

d0067498_1037421.jpg

今年の1月から設計を開始した住宅の基本設計が終わろうとしている。
この間に作ったPLANや図面はたくさんあるが、最終的に出来る家は一つ。
全てを並べると、ちょっとした分譲住宅地か、住宅展示場である。

住宅の設計の過程では、何度もPLANのフィードバックを繰り返しながら、
まわり道でも、自分たち、私たちが目指す家に辿りつく。それは子育てや今後の人生にも大きな影響を与える。
打ち合わせの最中に、「○○邸と同じPLANでよいです」というが
私から言わせると、この家のこの部分は使いやすいとか、便利とか言えるが、
一つとして同じ家は一軒もない。
家族も場所も違い、生活への想いも違うのだから
同じ家になることはなく、合せようと思うと、どこかで大きなズレが生じる。
確かに、人の環境に順応することは出来る。
しかし、折角、これからの人生を過ごしていく家で無理をするはもったいないし、新しい発見や気持ちが生まれることもある。
また、建築のどのような事柄にも長所もあれば短所もある。それをいかに選択し、一つの形にしていくかも大事だ。
ただそれは、設計としては当たり前にことで、ここから私が設計者として、空間の質をいかに高めるか、空間の中にどんなメッセージを込めるかが、大きな課題である。
d0067498_1052355.jpg

かつて私は、東京のふたつの設計事務所に勤めていたが、どちらの先生も、設計の途中で、施主との打ち合わせとは別に、自分自身の設計に対して「大どんでん返し」をした。所員としては今までの作業を思うと、思わず閉口したが、いざ、自分が事務所を開設したら、知らず知らずの間に同じようにしている。
設計の時点では紙や模型の上。この家では、これだとベストだと言える建築、家、空間をつくり出したい。
by atelieryou | 2010-05-01 11:20 | 設計

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る