<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心療内科ゆうゆう 開業より、一年半後

d0067498_022612.jpg

開業から一年半の「心療内科ゆうゆう」です。
先生をはじめ、カウンセラーで事務局長の奥様、看護士、スタッフ全員が、暖かく接してくれるクリニックです。
だからこそ、開業してからすぐに、多くの患者さんに頼られているのだと思います。

今日は建築のメンテナンスでした。私はクリニックのトイレを借りたのですが、自分で設計した洗面トイレですが、入った瞬間「きれい!」と自画自賛してしまいました。先生も奥様も同感で、皆さんもそう思っているようです。
複合ビルの中にある学習塾からのリフォームで、その時は苦肉の策で、かなり悩んだように思います。しかし悩んで分だけ、よい結果は出るものです。
d0067498_0275810.jpg

by atelieryou | 2010-04-17 00:39

コンペティション

d0067498_23515956.jpg

この春、日本建築家協会・静岡支部での実施コンペがあった。袋井・愛野の駅前に建築予定の「愛野めぐみ教会」である。
私も、現在の私なりの力を出し尽くして、このコンペに望んだ。
今回、私は選ばれることは出来なかった。もちろん、落胆もしたし、ショックでもあった。
ただ参加した設計者全ての者が、この設計をしたくて、仕事が取りたくて、必死になってコンペに望む。単に勉強のために出す人はいない。私も、何度も棄権しようと思った時に、そう自分に言い聞かせた。
設計している時は、自分自身の力との戦いである。自分で設計していて、自分の設計が納得できない。今回も苦しんだ挙句、私は私なりの教会の設計が出来た気がした。
ただ表現として出来ることは、いつもの住宅の仕事での延長の手描きのパースと模型だった。住宅の場合は、その方が建て主が、設計の打ち合わせで、自分達の言いたいことが言い易いからである。
ただ審査会を見ても、プレゼンテーションの差は歴然としてた。カラ―のCGを駆使し、本当に解りやすい。
コンペの場合は、そこまでしなくては同じ土壌に上れない。アトリエ結としての今後の課題だ。
それよりも、最優秀の方の設計は、落ちた私も見ていて、「これはよい」と共感できる建築だった。
私の気持ちは何故か清々しいものに変わっていった。
静岡に一つでも多く、質の高い建物が出来ていくことは、その地域全体の建築の質が上っていく。
今回、このコンペを実行してくれた、JIA静岡の実行委員の方々には、感謝したい。
それは単に私が建築を考えるためのよい機会であったということではない。
建築が不毛の静岡において、この地域に多くの建築家・設計者がいることを解らせてくれた。できれば、このことが公共建築や多くの方に知らせることができれば、きっと静岡全体での建築の質も上がっていくだろう。
コンペが終わった時は、しばらくはコンペなどしたくないと思ってしまったが、今は、通常の住宅の仕事にも、この教訓を活かして、もっともっと自分の設計の力を、アトリエ結としての建築の力を付けていきたいと思っている。
d0067498_0203457.jpg
d0067498_0204825.jpg

by atelieryou | 2010-04-16 00:34 | 設計

江戸東京たてもの園(小金井公園)

d0067498_2042087.jpg

 昨日、私用で東京に行く用事があり、2時間ほど空いた時間があったので、小金井公園に立ち寄りました。
桜が満開で、晴天に恵まれたということもあり、公園に来る人は、それぞれが思い思いに自由なスタイルで寛いでいます。集まる場所があり、そこには個人もありつつも、群れもある。素敵なことだと思います。
d0067498_2084426.jpg

d0067498_2095511.jpg

 私のお目当ては、建築家・前川國男の自邸です。やはり「かっこいい」ですし、木造のよさ、日本の住まいの良さを活かしきっています。不変的な住まいとしての美しさを再確認した気がします。
形や条件は変われど、建築設計する時の心構えを感じとり、自分を鼓舞できた一日でした。
by atelieryou | 2010-04-09 20:18

リゾートマンションのリフォーム

d0067498_23103257.jpg

河口湖のリゾートマンションのリフォームが完成しました。
平成元年築の、バブル時期のマンションも今年で22年となり、設備機器をはじめ、様々なモノが壊れはじめてきたためのリフォームです。
大型開発で特注でつくられた古いキッチンは海外製で、22年が経過した現在では、よりよい対処ができ、困りました。
様々なキッチンメーカーを廻り、下台と上の吊戸棚のシリーズを変えても、違和感がないように工夫しまた。
d0067498_2318290.jpg
d0067498_23182921.jpg

古い建物において、より快適に過ごしていくためには、リフォームは必要です。今回のように、小さなリフォームでも、ちゃんと設計が入り、より長く、その建物に住み続けていけるよう、していくべきですね。
by atelieryou | 2010-04-05 23:29 | 住まい

人の輪・和

 4月になりました。書きたいブログはたくさんあり、写真もあったのですが、私の悪い点で、仕事をし始めるとブログを更新できないです。ただ昨日は、以前、アトリエ結で設計監理した施主に連絡をしなくてはならないことがあり、私の心が暖かくなったので、皆さんに報告します。
 
 私の大学時代からの友人で、愛知で建築パースを書いている者がいます。
彼女は、パースの講師もしていて、全国規模で教えています。彼女は設計はしないので、私の物件を教材として貸してほしいとお願いがありました。
私も普段から彼女には無理なお願いをしているので、お互い様な部分があります。
しかし、それぞれの住宅の施主にとっては関係ない話です。
そこで、その内容を説明し、許可をもらうために、かつての施主家族に連絡をしたのです。
その際に、どの家でも、暖かい言葉を掛けてもらい、私は心洗われました。
そして、人にとって大切なことは何かを、改めて教えてもらった気がします。
d0067498_9493324.jpg

設計者は、その施主のためによい家をと思い、設計し、家をつくりあげていきますが、同時に、施主から設計者として選んで頂いた時から多くの想いをもらい、そして育てられるのだと思います。
今回、友人との輪から、久しぶりに連絡を取った施主家族ですが、そこには多くの和がありました。
感謝です。
by atelieryou | 2010-04-01 10:01 | 住まい

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧