カテゴリ:未分類( 5 )

構造&熱環境の講習会

d0067498_21274782.jpgしずおか木造塾に参加。
前半に静岡県の構造指針の解説を聞き、後半には、山辺豊彦先生の木造の実在実験を結果から出た、木材の断面欠損による耐力の軽減係数を聞けたのは大きな成果であった。まだ公式になっていないが、いずれは重要視される木造建築の課題である。


d0067498_21375674.jpg12月9日のJIAの講習では自立循環型住宅がテーマだった。長期優良住宅やエコポイントで、断熱や気密性の設計は重視されるが
建築は断熱や気密ではない。自然換気の風を如何に設計できるか?陽の光を南面だけでなく、どのように使うか?空調機に何を使う?など、様々な課題がある。


d0067498_21452178.jpg長谷川アトリエの後輩の一人が、建築環境設計におけるスペシャリストの設計者であり、研究者である。ゼロエネルギー住宅は、現実として技術的に可能であり、そのプログラムやシュミレーションもできつつあるという。それは環境問題として考えた時は大切である。しかし、彼は一方で、自然素材を使った、高気密ではない、土壁の家の熱環境設計についてのドクター論文を出したそうだ。
彼が技術者としてできることをまとめつつも、研究者としては、常に疑問を持ちながら、高気密・高断熱の弊害を考えている姿勢に、私は共感する。
私も、パッシブソーラー、太陽光発電、ペレットストーブなどの環境技術を意識しながらも、建築の見えない部分での本質について、常に自分に問いかけながら設計をすすめていきたい。
by atelieryou | 2010-12-12 21:26

静岡県優良木材・富士ひのき加工協同組合の見学

d0067498_1941344.jpg
 今日は天竜に続き、施主と富士ひのき加工協同組合の見学をした。
私は、4年ぶりの見学であり、はじめは正直、何度も見ているからよいと思っていた。
しかし、見学して気づいたのだが、富士ひのきは確実に進歩し、人的努力で質が向上していることを実感できた。


d0067498_1985865.jpg
富士ひのきは低温乾燥で、かつ木材の強度などが選別できることは強みである。
そこに人の手が入り、さらに細かい選別ができている。


d0067498_19113289.jpg
これは作業の途中で、作業員が一回一回そのデータを入力しているのだが、簡単そうで手間が掛かる、長期的な仕事である。
私は、木造建築にかかわり、20年以上の経験の中で思うことは、木を使うことは、「人が木を気を使って見ること」が大切だと思っている。
木の性格を一本一本読み取る。それは、リーズナブルで、気持ちよく、エコな家をつくる第一歩である。


d0067498_19194017.jpg
今年の暑い夏を過ごして思うことは、やはり森林の活用は地球温暖化を食い止めるための大きな力だと思う。
しかし、日本の山が海外に替われたり、乱伐されること、環境問題とはイコールにはならない。
地域が活性化し、そこに人が育ち、さらに地域環境がよくなることが、地味ことだが、理想形ではないだろうか?


d0067498_19304746.jpg
製材から出てくるチップを見ながら、私たちはバイオマスなど、地球環境に向けて、住宅等でも取り入れることのできるエネルギーはたくさんあると思った。
太陽光発電もその一つである。他にもパッシブな方法で、改善できる建築技術はたくさんあるので、できるだけ建築の設計に生かしたい。


d0067498_1931184.jpg
終わり際に、協同組合の方から質問をされた。
「この暑さでも、できるだけ扇風機で暮らす家にするためには真壁の家がよいのですか?」と・・・・
「それは、真壁、大壁の差ではなく、仕上げや内部構造によるのですよ。」と答えた。

暑い夏でも、できるだけ扇風機で過ごせる家。
この暑さでも、私の設計した家の施主の方は、一日数時間しかクーラーをつけることはないという。
さらに、親戚の子供が、その家が気持ちよくて、わざわざ夏の暑い日に昼寝を楽しみに来るという。
ホームページで公開しなくてはならない話だ。
by atelieryou | 2010-09-05 23:02

心療内科ゆうゆう 開業より、一年半後

d0067498_022612.jpg

開業から一年半の「心療内科ゆうゆう」です。
先生をはじめ、カウンセラーで事務局長の奥様、看護士、スタッフ全員が、暖かく接してくれるクリニックです。
だからこそ、開業してからすぐに、多くの患者さんに頼られているのだと思います。

今日は建築のメンテナンスでした。私はクリニックのトイレを借りたのですが、自分で設計した洗面トイレですが、入った瞬間「きれい!」と自画自賛してしまいました。先生も奥様も同感で、皆さんもそう思っているようです。
複合ビルの中にある学習塾からのリフォームで、その時は苦肉の策で、かなり悩んだように思います。しかし悩んで分だけ、よい結果は出るものです。
d0067498_0275810.jpg

by atelieryou | 2010-04-17 00:39

江戸東京たてもの園(小金井公園)

d0067498_2042087.jpg

 昨日、私用で東京に行く用事があり、2時間ほど空いた時間があったので、小金井公園に立ち寄りました。
桜が満開で、晴天に恵まれたということもあり、公園に来る人は、それぞれが思い思いに自由なスタイルで寛いでいます。集まる場所があり、そこには個人もありつつも、群れもある。素敵なことだと思います。
d0067498_2084426.jpg

d0067498_2095511.jpg

 私のお目当ては、建築家・前川國男の自邸です。やはり「かっこいい」ですし、木造のよさ、日本の住まいの良さを活かしきっています。不変的な住まいとしての美しさを再確認した気がします。
形や条件は変われど、建築設計する時の心構えを感じとり、自分を鼓舞できた一日でした。
by atelieryou | 2010-04-09 20:18

静岡の河津桜と山梨・河口湖の雪

 河口湖のマンションのリフォーム工事が、今週末から始まる。以前、他の物件で設計監理した施主からの依頼である。「信頼されて、設計する」設計者としては、うれしい限りである。
 河口湖への通り道。篭坂峠のトンネルを抜けると、空が重たくなる。そこは山梨県。景色も空気も何故か違う。
d0067498_1747588.jpg

d0067498_17492488.jpg

沼津に戻ると、家の裏庭の河津桜が満開だった。ピンク花びらが、陽の光を浴びて眩しい。
一日を通して、冬と春を同時に感じることができ、どこか贅沢だ。「季節」は、自然からの大きな贈り物である。
by atelieryou | 2010-02-22 18:02

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る