友人達の設計

 先日、浜松在住のカメラマンの上田明さんから、友人の設計者を紹介したお礼の電話を頂きました。友人のスタジオ仙人塚の片岡保さんは東京の設計事務所の同僚です。
今は実家の名古屋にいますが、親戚のある静岡県で、住宅2件の新築工事の設計をしたのです。
カメラマンの上田さんは沢山建築を見ているはずですが、興奮して2日に渡り、かなりの枚数を撮影したとか。
友人も喜んでいましたが、カメラマンが仕事以上の撮影を知らず知らずしてくれるなんて、本当に設計者冥利に尽きますね。
なんとなく、私まで嬉しくなりました。
d0067498_0583314.gif



いつも友人たちの作品を見る度に思うのですが、
いろいろな個性があるのはよいことです。
自分の中からはデザインできない要素もあり、
それを超えて相手も自分も認めれる気がします。
d0067498_14749.gif



私もこの家を引越し最中に見学させてもらいましたが、
住宅建築としてのレベルは高いと思いました。
しかし、頭のよい片岡さんはもっともっと先を見抜いていて
「今度はもっと髙島さんをギャフンと言わせてやる」と言われ
「私もギャフンと言わせてほしい」と笑いながら励ましたのですが
お互いに高められる関係でいる仲間がいるということはありがたいことです。

建築には自分自身の中の評価で100点はなかなかなく、
自分でこれは100点を取ったと思った時は
逆にこの仕事を辞める時なのでしょうね。
そこに山があるから登るではないですが、一生勉強なんだと思います。

また建築は歳を重ねた方がいろいろと見えてくるとも言います。
村野藤吾先生も55歳からの方がよいものができると話しています。
私にはまだ十?年か先ですが、一年一年大切にして、
よい設計ができる自分であり続けたいです。勿論、気持ちは柔らかく・・
by atelieryou | 2008-09-14 01:45 | 友人達

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る