職人

d0067498_1818555.jpg
昨日、8年前に完成した伊豆大島の家のメンテナンスに出掛けた。
同行した誰もが家に入った瞬間に、新築時よりもさらに良くなった木肌の深みと漆喰の壁の空気感を感じ取り、「いい家になったね~」と感嘆した。
d0067498_18232159.jpg
生活感あふれる大らかな家は、とても気持ちがよくて、何故か人を自然体にしてくれる。
住み込みで建築をしてくれた大工さんももう43歳となり、親方の跡を継いで社長となったが、誰もが直面する仕事のジレンマに悩んでいるという。大工ならば、木組みの家を作り、腕を磨きたいが、会社の経営もあるし、建て主への責任も職人への責任もあるという。
誰もが乗り越えないといけない壁ではある。
d0067498_18341181.jpg

ただ一般ユーザーがあまりにも「本物の家の良さ」を知らな過ぎる現実にも悩んでいる。また「本物の木の家」に関わりたいと言われた。
一方で私達設計者が生き残って行くためにも、「職人さんの技術」は残していきたい。
d0067498_18382911.jpg

昨年春から今も尚続いている、役所の仕事をはじめ、いろいろな雑用もあり、まずは自分の仕事を熟すためにHPの更新は中止していたが、また自分を鼓舞して住宅の仕事も頑張らないといけない。
by atelieryou | 2016-04-24 18:49 | 木の家

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る