ルナ漆喰

d0067498_17531950.jpg

中古マンションのリフォーム。
RCの直壁貼りの壁、天井。軽量鉄骨の下地と、あまりにも下地の精度が悪いので、通常施工している左官鏝を使用した漆喰壁を施工するには、工事費、施工後のメンテナンスの問題があります。
一時はビニールクロスにしようとも思いましたが、防火の内装制限をクリアしながらも室内環境のよいマンションにしたかったので、ルナファーザーのチップス+ルナ漆喰を選択しました。
d0067498_17582149.jpg

ルナ漆喰施工に踏み切れたのは、日本ルナファーザー本社の福与部長さんの心強い協力があったからです。
予算的に厳しかったこともありますが、下地の悪さや将来的なことを考えて自分で施工できると相談したところ、素人でもできるようにと、東京から沼津までルナ漆喰のセルフビルドの手法を教えに来てくれました。
どの家庭にもあるステンレスのボールやハンドミキサーを使い、少量ずつの施工が出来ました。

昨日、伊東の城ケ崎の施主から電話があり、アトリエ結で薦めた砂漆喰は梅雨の時期や暑い夏、本当に快適だったと話してくれました。何故に納戸に塗らなかったのかと言われたほどです。
(何でもできるようにラーチ合板を素地で使ったにもかかわらずです。)
西伊豆の施主からはFBでは、西伊豆地方の特徴で押入内部まで職人さんが好意で漆喰を塗ってくれたのですが、本当に助かっていると書かれていました。
どの家も、本当に快適だと話してくれます。

本来は左官鏝を使用した本漆喰や砂漆喰がよいし、アトリエ結としても長年のノウハウがあり、予算が許せば、出来るだけ左官鏝の漆喰を使いたいです。
しかし、今回のような悪条件の場合、予算の問題もある時など、ルナ漆喰は優れもだと思いました。
養生などで協力してくれた現場監督も、子供がいる家などルナ漆喰がよいかもと言って感心していました。

色に関しても、既製で調合された粉を1:1で混ぜて、自己流にアレンジできます。

天井まで漆喰で包まれた空間は心地よく、夜は灯りに照らされた壁や天井の表情が何とも言えなく素敵です。
by atelieryou | 2014-12-08 18:30 | 環境

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る