地域デザインセミナー

d0067498_20453022.jpg

4月の後半から、沼津市の公募プロポーザルに参加して、小中一貫校の改修の基本設計に応募した。私たちなりに精一杯に頑張り、地域全体もよくなると思う提案をしたが、超大手のM総研に決まってしまった。とても残念だったが、総合評価なので仕方ない。
その後、「地域デザインセミナー」の業務委託の公募があり、夫の塩見にピッタリだと思ったので、背中を強く押してみた。
提案書をつくっている過程では、様々なな葛藤もあり、プレゼント面接では反省することも多く、私達としては半ば諦めていたが、委託業者として選んでくれた。うれしかった。
早速、今後の打ち合わせに出向いたら、担当課の女性課長が夫の活動も私の活動もよく知っていたようだ。本当にうれしかった。
地域の為に、精一杯に頑張ろうと改めて思っている。


# by atelieryou | 2017-06-09 08:24 | 地域

アトリエ結の応援団

d0067498_15511726.jpg
 一昨日、伊東の人から「家の建築」についての問い合わせの電話があった。
ここ数年、伊東市内のお店や家を見て歩いていて「植松雑貨店」がよいな~と思っていたそうだ。

そこで、設計したアトリエ結に連絡があったが、「設計事務所が入った家づくり」について、理解が出来ない面があり、お金との問題もあるが、なかなか一歩踏み出す勇気がないようだった。

昨年は、私がどうしても設計に携わりたい「地区センター」の設計があり、私は設計に膨大な時間を掛けてしまうため、どうしてもアトリエ結のHPの更新は後回しになってしまい、11か月も更新していない。
日頃の情報発信のなさを反省していた。

d0067498_16140475.jpg
今日、その人が改めて「植松雑貨店」を訪ねてきたそうだ。
また、雑貨店の近所にある、アトリエ結の設計の「川奈の家」のお姉さんの家に行き、妹さん家族とアトリエ結の家づくりについて熱く話ってくれたそうで、明日は「川奈の家」を見学するという。
私が不在のところでも、施主の皆さんが家族ぐるみ近所ぐるみでアトリエ結を応援してくれて、本当にありがたい。
施主の好意を無にしないように、私は私で家づくりのついてHPを更新し、何よりも「よい設計」をするように常に心掛けていかなくてはならない。

# by atelieryou | 2017-05-27 16:57 | 住まい

リフォームと耐震

d0067498_14413546.jpg
明日から小山町のリフォーム工事が始まる。
設計し始めたのは、3月終わり。その後、熊本の震災が起こり、多くの住宅の被害事例を見た。
小山町の家も築40年のとても立派な木造の家であるが、耐震的には丁度谷間の時期の建設であり、地元の大工さんが建てた家であまり構造には関心がないようだった。
今回の水廻りリフォーム(下屋部)部分だけの耐震すると、安定していた家の重心に偏心ができるため、かえって地震時の家の崩壊が早くなる。
d0067498_1445206.jpg
5月~6月中旬まで、構造事務所、工務店の監督、大工さんにも協力してもらい、小屋裏、床下と調査し、様々な耐震シミュレーションを作り、加えて工務店から耐震の概算予算も出してもらい、その上で、言い難い話を設計者として正直に話し、費用対効果について、現在の家族の状況、将来的な展望について話し合しあった。
結果は耐震補強の補強金物を施主が自分で付けるという道を選択した。
そんな無責任な話はないと思うかもしれないが、木造に詳しい構造事務所の先生とも話し合い、施主も悩み考え、「セルフ耐震」を選ぶ形となった。
地震が来て家が壊れる可能性もあることを前提としながら、逃げる時間が確保できるように耐震する。家族もその準備をしておく。私も将来的な改修に役立つように、工事中にできるだけ軸組を記録しておく。
逆に勇気ある選択かもしれない。

まずは快適な暮らしができるように、ご両親の介護も気持ちよくできるように、日々の暮らしを大切にしたい工事を進めていきたい。
# by atelieryou | 2016-07-10 15:11 | 設計

職人

d0067498_1818555.jpg
昨日、8年前に完成した伊豆大島の家のメンテナンスに出掛けた。
同行した誰もが家に入った瞬間に、新築時よりもさらに良くなった木肌の深みと漆喰の壁の空気感を感じ取り、「いい家になったね~」と感嘆した。
d0067498_18232159.jpg
生活感あふれる大らかな家は、とても気持ちがよくて、何故か人を自然体にしてくれる。
住み込みで建築をしてくれた大工さんももう43歳となり、親方の跡を継いで社長となったが、誰もが直面する仕事のジレンマに悩んでいるという。大工ならば、木組みの家を作り、腕を磨きたいが、会社の経営もあるし、建て主への責任も職人への責任もあるという。
誰もが乗り越えないといけない壁ではある。
d0067498_18341181.jpg

ただ一般ユーザーがあまりにも「本物の家の良さ」を知らな過ぎる現実にも悩んでいる。また「本物の木の家」に関わりたいと言われた。
一方で私達設計者が生き残って行くためにも、「職人さんの技術」は残していきたい。
d0067498_18382911.jpg

昨年春から今も尚続いている、役所の仕事をはじめ、いろいろな雑用もあり、まずは自分の仕事を熟すためにHPの更新は中止していたが、また自分を鼓舞して住宅の仕事も頑張らないといけない。
# by atelieryou | 2016-04-24 18:49 | 木の家

MAXXI

d0067498_1640586.jpg

今朝の朝日新聞に建築家の磯崎新さんがザハ・ハディドさんへの追悼の記事が載っていました。
たまたまイタリアを旅行していた私たち夫婦は4月3日にローマの国立21世紀美術館「MAXXI」を見学をしましたが、美術館のエントランスホールの壁にかかった1950~2016のザハ・ハディドさんの写真の意味を現地では知らないままでした。
MAXXIは一見、威圧感がありそうですが、そのような感じはなく、快い空間で、様々な建築雑誌の表紙になった流線型の受付カウンターは実際も使いやすく、現代社会の技術を駆使したよい作品でした。
d0067498_1654463.jpg

新国立競技場の問題では、最初のデザイン案で彼女の案が選ばれたが、大き過ぎるからと環境に合わない、予算に合わないと白紙撤回され、その後に行われた2度の公募に彼女は参加しようとしたにも関わらず、日本の排外主義が彼女を追い出したと新聞に書かれていた。
磯崎さんが憤りの念を感じると語っていたが、私も騒動の最中、同じ女性として、規模は全く違うがコンペで選ばれたことがある者として、磯崎さんのインタビュー記事に共感しています。
# by atelieryou | 2016-04-19 17:37 | 設計

今年度の始まり

d0067498_0122953.jpg
薄曇りの中、遅めの花見に三嶋大社を訪れました。
d0067498_015117.jpg
信心深い私ではないのですが、桜の時期に三嶋大社に来る度に、桜模様の「仕事守」を買ってしまいます。なんとなくですが、また桜が咲く時期まで明るい気持ちで仕事を頑張れる気がするからです。
d0067498_0181047.jpg
遅めのお花見で発見したのは、楠に新芽が出ていました。さらに英気をもらった気がしています!!
# by atelieryou | 2016-04-11 00:21 | 設計

春節・2016年もよろしくお願いします。

d0067498_23531238.jpg

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
どうにか春節には間に合いました。

昨年より、アトリエ結としての初めての公共建築の設計に取り組み、お正月もブログを書いている時間がなく、特に今年の1月から春節の今日まで、ひたすらに仕事し続けた日々でした。

公共建築の設計への参加に関しては、以前から周囲から多くの賛否があり、内容だけは聞いたいました。
実際に行動に移したのは、掛川教会のコンペのまとめとして、JIA静岡主催で行われた設計コンペについてのシンポジウムにパネラーとして参加した後です。テーマは設計コンペでしたが、議論の中心は公共建築設計についてで、私は公共建築に携わったことがなかった為、なんとなく自分の意見は話しましたが、はっきりとした見解は言えなかった気がしています。
同席されたパネラーの先生が、好意的なアドバイスとして「公共建築に挑戦すべきだ」と話してくれ、それから指名願いを出し続けました。

2年越しで取った指名競争入札は、地元の中学校の改修工事でした。
はじめは沼津市の課の上司から不安がられましたが、私なりにがんばりました。幸いにして、市の担当者が良い人であったので、自分の身を切られるような思いもなく、逆に私は公共建築の積算・見積、特に補助金が絡む工事の設計書の作り方について学べましたし、いろいろと考えることも多かったです。

周囲からは「高い授業料」だったねと言われていますが、私としては「今」でないと、「信用」も「自分自身のスキル」も身に付かない気がしていたので、よい機会でしたし、周囲からも佳い仕事と評価されるようにまだまだ頑張りたいと思っています。
特に設計中の見積に関しては、住宅の設計にも活かしていきたいです。

明日からは昨年9月から待たせていた住宅のリフォームの設計を開始します。

2016年の挨拶が遅くなりましたが、旧正月の春節とともにアトリエ結の2016年が始まります。
今年もよろしくお願いします。

アトリエ結
高島ゆかり
# by atelieryou | 2016-02-09 00:48 | 設計

沼津・千本郷林の家のリフォーム

d0067498_144114.jpg沼津・千本浜公園近くの千本郷林は、かつては別荘地で、古き良き建築が多く残っている。

昨年お父様を亡くされ、高齢のお母様一人で生活させるのは難しいため、息子さん家族が同居するの耐震改修工事の設計を依頼された。

築45年の住宅ではあるが、丁寧に作られたお宅を壊すのは、設計者である私も「勿体ない」と思ったし、数寄屋のよい建築だった。

様々な面でバランスの取れたリフォームにするために、施主と建設的な話し合いを繰り返した。
d0067498_14531422.jpg
お祖母ちゃんにとっては住みながらのリフォームのため、かなりのストレスが掛かっていると思うが、第一期工事の完成時に各部屋にきれいに花を活けてくれた。
d0067498_1453307.jpg
どの部屋の花もそれぞれに違い、きれいである。
そんなお祖母ちゃんから、今日、現場に行った時に「新しくて住み心地が良いけれど、新しい部分もどこか懐かしい感じの残っていて心地よい。」と言われた。
d0067498_14551819.jpg
まだまだ工事は続くが、建築をよく理解している建て主のおかげで、よいリフォームとなりそうだ。
# by atelieryou | 2015-11-14 14:55 | 木の家

箱根強羅温泉  太陽山荘

d0067498_101935.jpg

箱根強羅温泉・太陽山荘の食堂の改修工事が終了しました。日帰り温泉用にランチやお茶が提供できるように、壁とサッシを直したリフォームです。
箱根の大涌谷がこの時期に何故?と思う人も多いでしょうが、実は太陽山荘には良い温泉が出ていました。
源泉で44度なので、浴槽では40度くらいですが、夏の時期にはちょうど良いです。(源泉かけ流しでした。)
お風呂好きの私が入っても満足できるやさしいお湯で気持ち良かったです。
d0067498_10224444.jpg

食堂も改修し、ここならばミニコンサートも開けると思えたし、温泉旅館でのおしゃれな結婚式もできると写真を撮りながら思いました。
d0067498_1028694.jpg

8月16日には、箱根大文字焼きがあります。
毎年、この時期の箱根は旅館予約が取れない状況ですが、逆に今年は狙い目です。
是非とも、箱根に足を運んでください。
日帰りでも美味しいランチを出してくれます。
http://www.taiyosanso.com/
# by atelieryou | 2015-08-07 10:38 | 設計

職人の技術

d0067498_23114231.jpg

太陽山荘の食堂の工事。
太陽山荘の登録文化財としての評価が高い本館別館の改修工事をお願いした名匠の大工さん達が9年ぶりに集まって木工事を取り組んでいる。
仕事がきれいで工事が早く、機転が利く。
設計監理も毎日に現場に行かないと追いつかない。
上手い職人さん達の技術はよい刺激で、設計面でも勉強になる。
# by atelieryou | 2015-06-08 23:24 | 木の家

静岡・沼津で木造住宅を中心に設計監理しています。


by atelieryou
プロフィールを見る
画像一覧